インタビュー

上野

アキバ中央通店 店長

イオシスの中では異例の派遣

──上野さんがイオシスに入社されたきっかけを教えていただければ。

私、イオシスの中では異例の派遣なんですよ。しかもイオシスに派遣じゃなくて、当時イオシスが提携してた代理店の派遣で。 提携してた代理店で働いてたんですが辞めて。しばらく立ったときにその登録してた派遣会社からたまたま声をかけられて。 昔、池袋の西口のキャリアショップの2階にイオシスがあったんですよね。1階はキャリアショップで、2階はイオシスで買取する、みたいな。 そこで人が1人必要になってて、派遣会社から声かけられて。私池袋住んでたんでまいっか、みたいな感じで入って(笑) 当時は店頭の買取と、届いた携帯を磨いて商品化して秋葉原の店舗に送るとか、買取と物流とみたいなことをやってましたね。

──そこから店長になるまではどういった流れだったのですか?

その池袋店が年内で閉店になって…。で、年明けから中央通り店ですね。もうそっからず~っと中央通り店です。 店長はビートオン(現:路地表店)オープンの2011年に石山さんが異動したのでその時に私がなりましたね。 でも、本当に店長になりたての頃とかは、もう全然数字悪かったんすよ(笑)

──店長としての業務についてお伺いできますか?

基本的には仕事を振って、何時までに〇〇お願い、みたいな感じで。どちらかというと調整役。仕事の調整とか、店の方向性とか。スタッフとは日頃仲良くして、たまにシメるみたいな(笑)

社員インタビュー

いよいよ現実になって、マジか(笑)って

──中央通り店は面白いスタッフが多いですよね

そうですね、最近だとうちのスタッフがのっぽパン ※1 販売の企画持ち込んだりとか。 最初そのスタッフにパンを売りたいって言われて、ふーんみたいな。へーみたいな。どうせできないだろうと思ってて(笑) 保健所なり、仕入れ先なりとか。そもそも食べ物なんか売っちゃダメだろ!って(笑) その辺を事前に自分で調べて、そういうのがオッケーだったら、という条件で。 結構時間3~4か月、半年くらいかな、かかったんですけど、現実になりそうになってきて、いよいよ現実になって、マジか(笑)って。 会社はこういう面白いこと、基本オッケーなんですけどその辺(保健所とか仕入れ先)でNG出ると思ってたんですけどね。なかなか出なかった(笑)案外できちゃいましたね。 でもこういうのができるのはスタッフはもちろんイオシスの社風のおかげですね(笑)

──店長として苦労した点などありますでしょうか。

人を育てるのは、昔から、今でも難しいなって思いますね…おもしろいですけど(笑) 性格も違うし、年も違うし、いままでのどうのこうのも違うし。でも繋がってるのは仕事で、でもあんまり仲良くしすぎるとサークルみたいになってきますし、ピリっとしすぎると堅苦しくなってきますし。 難しいですね。私の場合は人を育てるだけじゃなくて、そういう人を育てられる人を育てないと今後いけなかったりとかもするので、そこが課題ですね。

※1 静岡県沼津市のパンメーカーが製造する菓子パン。アニメ内で登場し話題に。

社員インタビュー
他のスタッフのインタビュー