インタビュー

三木

通信販売部 部長

「こっちけーへん?」て感じで通販に(笑)

──三木さんはイオシスで働かれて長いですよね?

そうですね(笑)13年ぐらいになりますかね。元々パソコンとか好きでパソコンの自作とかも割としてたんで、そういう業界の中でたまたま見かけて受けました。 パソコンとか触りたかったし物流とかだと実際に検品とか出来るっていうんで、そっちの方がいいですという感じで入りましたね。

──物流の後に今の通信販売部に異動されたのですか?

物流で所長やって、その後に今の副社長…中村さんが通信販売部を見てる時に「こっちけーへん?」て感じで通販に(笑) 一番最初は電話に出たり、メールだったり。当時は人数少なくて3、4人とかで、出荷までの流れをやってましたね。

──今の業務内容をお伺いできますでしょうか

部署長として全体を見てるような感じですね。もし人員が足らなくなったらそこに入ったりとかもしています。 特に発送の手はどうしても人が居ないと駄目なんで(笑)

社員インタビュー

会社で一丸になれる能力っていうのは高い

──通信販売部の中でこういった人が欲しい、こういった人だったらうちで活躍出来るとかありますか?

そうですね、通信販売部ではまずは物流系の仕事が得意な人と、電話オペレーションが得意な人っていうのが入り口として別れますかね。 その中で自分はどっちの方が得意かどうかもあると思うんですけど、両方でエース的な人を育てられればいいなと思っていますね。

──日々の業務で必要なものってありますか?

変化っていうのが少ない仕事にはなってきちゃいますので、同じような事を毎日やっている中でダレずに上を目指せるかっていう気持ちですかね。 物流で言えば効率化を図ったり、経費を抑えたり出来るような動きとかも重要になってくると思いますし。 効率化含め仕事の仕方を毎日考えられるか、ってところが重要にはなってきますよね。

──イオシスは三木さんから見てどんな会社でしょうか

なんでしょうかね… 会社の大きな転換期… じゃないですけど、そういう時に会社で一丸になれる能力っていうのは高いんじゃないかな?って思ってるんですよね。 ガラケーからスマホに目をつけ始めた頃も、スマホ自体は確かに出始めてましたけど、まだまだガラケー全盛期で。 色々と手間が多かったりで様々な不安はありましたね。けど一丸となって今のイオシスがありますからね(笑)

社員インタビュー
他のスタッフのインタビュー