インタビュー

齋藤

アキバ路地オモテ店 副店長

先輩たちがやさしく教えてくれます

──イオシスに応募したきっかけはありますか?

そうですね、僕の場合は今の店長の石山さんとかの紹介なんですよ。「髪とか見た目とか何でもいいよ」って言われたので。 近くの同じ秋葉原の中古パソコン屋さんで勤めてたんですがそれがなくなってしまって、紹介されたって感じですね。 紹介されて入社した方も多いと思います。
紹介をうけてからその後は面接で。最初の一次面接を経て社長が二次面接でした。本社の動画を一緒に見ましたね。「大阪の事務所だよ」って(笑)

──前職で知識があったと思いますが、全然知らない状態で働く人とかも多いですか?

多いですね。何も分からない感じの人が多い。そういう人は先輩たちがやさしく教えてくれます。
全く知識がない人がやるとわけ分かんなくなると思うんで、最初はまず覚えていって、ある程度になればやりがい出てくると思います。

社員インタビュー

社員になって1-2年で副店長になりました。

──やりがいが出てくるとの事ですが、具体的には?

売れるのが楽しかったです。自分が接客してお客さんが買う気になったときは特に。
笑顔で話してとか、豆知識言ったりすると買ってくれることが多いですね。 このメーカーは何々で有名とか、メーカー毎に違うことをいうと「おー」ってなるんで、そういう話をしますね。
あとは、仕事に慣れてくると自分で商品の並びを考えて出す陳列ですね。自分で出したものとかが売れるようになるとやりがいがある感じです。 僕もともと人見知りなんですよ。入ったばかりはお客さんに喋るかけるっていうのがあまり(笑)。けどイオシスで働いて今はもう別になんもないです。

──副店長になるまでどれくらいかかりました?

僕はバイトが1年、社員になって1~2年で副店長ですね。 イオシスって結果が出ればそういう役職につける。完全にその通りだと思います。
結果が出た人が上がっていくって感じですね、見てると。 僕はまだ下の方なんですけど、もし下の子が上に行くとなると、自分も頑張らなきゃと思います、やっぱり。

社員インタビュー
他のスタッフのインタビュー