インタビュー

山本

リファビッシュセンター 副所長

どれだけ柔軟に接せられるか

──今の仕事内容を教えていただいてもいいですか?

基本的には仕入れで入ってきた商品の検品をしたりとか商品化とか。後は搬入の処理だったり。裏方作業ですね。 去年は3人しかいなかったので各々が全ての作業が出来る体制になってましたが、今は落ち着いてきていて、要所要所やるセクションを決めていく段階です。

──物流というと力仕事のイメージなのですが…?

力仕事じゃないですね。女性が入ってきても全然大丈夫です。 どちらかというと物をさばくという様な頭の回転が求められます。後は社外の人と接触するので、そこをどれだけ柔軟に接せられるか。 そこが出来ればすぐに出世できるんじゃないですかね(笑)

──イオシスに応募したきっかけは何ですか?

求人サイトを見て。イオシスはとにかく自由だったですからね(笑) 最初は店舗スタッフで路地裏店、路地オモテ店、そこから買取センター、末広町店、と。 一昨年の11月くらいにリファビッシュに異動して、4月から副所長になったという流れですね。

社員インタビュー

手を挙げてくれる人だったら大歓迎

──過去の職種の中でイオシスが一番長続きしている?

だと思いますね。 例えば他の会社さんとかだったら、給料上がったり評価して貰ったりとかって、個人で一生懸命頑張ってもタイミングによってスポットライト当たらないことがあるじゃないですか。 イオシスだったら社長もそうですし、役員の方もそうですけど、結構下の方を見てくださっていて。こいつこれだけやってるから給料上げたり、じゃあ役職付けますよってのもあるので。 自分の場合、去年の9月に社員になって、4月でまた昇格して、役職がついて。 頑張った分だけダイレクトで評価が反映されるみたいな。結局上の方が見てくれてるっていうのが他の会社より風通しはいいのかなと思います。

──今後拡大して新しい人もどんどん入ると思いますが、求めるスキルはありますか?

スキルはないですね(笑) 接客が出来なくても良いし、年齢制限もないし、ただもう出世したいっていうのがあれば(笑) とはいえ、社会人としてのちゃんとしたマナーは最低限必要ですね。社外の方と接したり、それを社内にいる人間にどれだけ伝えられるかとか。多分店舗スタッフより接する幅は広いと思います。 後は、新設して1年ちょっとしか経ってないのでその人が自分のルールを作るのもアリです。それでちゃんと動いてくれて会社として数字が出れば問題ないですし。 そこはどの部署よりも魅力的だと思いますよ。なので一緒に作れれば。こういうのやりたいです!って手を挙げてくれる人だったら大歓迎です(笑)

社員インタビュー
他のスタッフのインタビュー