インタビュー

川上

名古屋買取センター 店長

ついに名古屋作るっていうから行きますーって

──川上さんはイオシスに入られて長いですよね?

今で14、5年じゃないですかね。ずっと店舗スタッフです。 当時は大阪2店舗あって、大阪内の店舗をぐるぐる2,3回往復ぐらいしてましたね(笑) 店長も、日本橋5丁目店の店長やって、日本橋4丁目店立ち上げ時の副店長やって、その後なんばの店長やって。
名古屋にイオシスができる前から個人的に名古屋に通ってて、その時から名古屋めっちゃ好きやったんですね。 名古屋に店舗出してくれって話をずっとしてたら、会社もやっと出してくれて。なら絶対行きますーって。立候補ですね(笑)

──名古屋に出店してかれこれ2年経ちましたよね。

そうそう、今年で3年目っすね。 色々ありましたね。実は名古屋大須店、オープン時に停電でレジが止まったんすよ。大事なオープン日に。 停電でレジが止まって、隣の駐車場を囲むくらい人が並んでしまって。あれはえぐかったですねほんまに(笑) オープン日なのでたまたまヘルプスタッフが各店からいっぱい来ていてなんとか助かったんですけどね(笑)

社員インタビュー

もうそら凄いですよね、変わり様が

──どういった人に大須店で働いてほしいですか。

これはイオシス全体でもそうなんですけど、まず喋れる人ですね。 あとはある程度明るくて、何も気にせず会話ができる人。それが一番すね。
基本的には商品知識とか要らないんで、全員知らないとこからやってますから(笑) 自分も全く知らないで入りました。もう入った時なんかインターネットするくらいでしたもん(笑)

──川上さんから見てイオシスはどういう会社ですか。

そうですねー、入社時は社長含めても15人いたかどうかぐらいだったんですが、社員も増えて、もうそら凄いですよね、変わり様が。(笑)
数字さえ出せば他のことは緩いっすね。やる事さえやれば野放しというか。いい意味で(笑)
かと言ってやる気がないやつでも数字出しときゃいいっていう訳でもないんですよ。やっぱりそっから生み出せる奴が強い。結局は。 前向きでハングリー精神がある人ならいける。服装もなんでもいいですし、髪型も。そもそもこんな坊主なんて普通の会社じゃ絶対無理ですよ(笑)

社員インタビュー
他のスタッフのインタビュー